食欲を抑える薬はどこで買えるの?

『食欲を抑える薬』というのがあるのをご存じですか?日々食欲と戦っているダイエッターにとって、『食欲を抑える薬』は実に興味深いものですよね。試してみたい!と思う人もいると思います。

 

しかし、『食欲を抑える薬』はあまり世間には知られていません。今回は、この食欲を抑える薬について紹介したいと思います。

 

そもそも食欲を抑える薬は、重度の肥満者のみに処方されることがある薬です。重度の肥満者が、肥満を解消するために運動や食事療法と併せて治療を行うためのものなのです。

 

ここでいう重度の肥満者とは、BMI35以上または肥満度70%以上の人を言います。身長160cmだと、だいたい90kg以上ということになります。

 

日本で承認されているのは、>『サノレックス(マジンドール)』という薬のみです。

 

脳の摂食中枢に直接作用し、食欲を起こらなくするのです。実は、この食欲を抑える薬に含まれる『アミン』という成分は覚醒剤の成分『アンフェタミン』と同じような働きをするのだそうです。

 

日本で承認されているものでさえ、覚醒剤のような成分が入っているなんて…なんだか怖いですね。

 

食欲を抑える薬には、口が乾く・便秘・めまい・依存性のほか、肺高血圧症などの副作用もあるそうです。

 

肥満者が薬物療法のために処方される場合は、内科で保険適用となりますが、一部の美容系クリニックではダイエット目的に販売されているところもあります。その際は1錠500円ほどするそうです。

 

簡単に食欲を抑えることが出来る薬は、ダイエッターの強い味方となるかもしれません。しかし、薬には恐ろしい副作用がたくさんあります。ですから、重度の肥満者以外は安易に手を出さないほうが良いでしょう。

 

次のページでは、処方箋がなくても買える!肥満に効果的な漢方薬をご紹介します。