食欲を抑えるツボは?

ダイエットをするにあたって、『食欲』は最大の敵とも言えるのではないでしょうか。特に女性が行うダイエットは、食事の量を減らすなどの摂取カロリーを少なくするものが多いです。

 

食欲を我慢しすぎるとストレスが溜まって、ドカ食いの原因となってしまいます。それではリバウンドしてしまい、ダイエットは失敗に終わってしまいますね。そうならないためにも、食欲は我慢するのではなく『抑える』ことが大切なのです。

 

食欲を抑える方法にはいろいろなものがあるのですが、その中でも簡単でわりと即効性があるのが、『ツボを刺激』することです。

 

そんな『食欲を抑えるツボ』について、説明していきたいと思います。食欲を抑えるツボは、耳に集中しています。ツボと聞くと足をイメージするかもしれませんが、実は耳には約150ものツボがあるのですよ。

 

その中でも食欲に関係するものを3つ紹介しますね。

 

『飢点(きてん)』

耳の前の膨らみのやや下あたりにあります。

 

『胃点(いてん)』

耳の真ん中、耳をぐるっと巻いたときの終点あたりにあります。

 

『神門(しんもん)』

耳の上側のくぼみよりも少し上にあります。

 

少し探しにくいかもしれませんが、つまようじの頭などで押したときに響くところがツボです。そのままつまようじで押しても良いですし、指で押しても大丈夫です。食事の20分ほど前に、1〜2分ほど刺激しましょう。

 

それから、手にも食欲を抑えるツボがあります。だいたい生命線のラインに沿ってツボがあるので、食事の前に赤くなるくらい強めに指でつねりましょう。2〜3分が目安です。なでると逆に食欲が増してしまうので、気を付けてください。

 

次のページでは、食欲を抑えて痩せる人気のサプリランキングをご紹介します。