食欲を抑えるアロマについて

趣味の一貫として、アロマを焚いているという人もいると思います。アロマは焚いて香りを楽しむだけでなく、お風呂に垂らしたりしても良いですよね。

 

アロマにはリラックス効果を始め、様々な効果があります。その中の一つに、『食欲を抑える効果』があるのをご存じでしょうか。良い香りでリラックスしながら食欲を抑えることが出来るなんて、なんだか嬉しいですよね。そんな『食欲を抑える効果のあるアロマ』について、お話ししていきたいと思います。

 

食欲を抑える効果のあるアロマは、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系の香りです。

 

これらに含まれる『ヌートカトン』という物質が、ストレスを抑えて消化機能の働きを活発にしてくれます。そのため、食事の前に嗅ぐと食欲を抑えることが出来るのです。同じような柑橘系でも、スウィートオレンジなどの甘い香りは逆に食欲を増加させてしまいますので気を付けてください。また、キンモクセイやラベンダー、ローズマリーなどの『すっきりする香り』を食事の30分から1時間前に嗅ぐのも効果的ですよ。

 

それから、『バニラ』などのスイーツのような甘い香りを嗅ぐと、脳が勘違いして食欲を抑えることが出来るそうです。

 

甘い香りを嗅ぐと逆に食欲が増してしまいそうですが、食欲を抑えることがあるなんてなんだか意外ですよね。脳が『エネルギーを補給した』と勘違いして、食欲を抑えるホルモンが分泌されやすくなるのだそうです。このようなアロマは、どれも『食事の1時間ほど前』に嗅ぐことで効果を発揮します。

 

アロマには心を落ち着かせる効果もありますから、仕事などで疲れたときやストレスが溜まったときなどにおすすめです。

 

次のページでは、食欲を抑えて痩せる人気のサプリランキングをご紹介します。