ストレスによる食欲を抑える方法とは?

疲れやストレスがたまると、甘いものが欲しくなったり、つい食べ過ぎてしまったり…なんて経験はありませんか?このような経験は、特に女性に多いのではないでしょうか。ストレスによって食べ過ぎてしまうのは、何も珍しいことではありません。しかし、ストレスをうまく発散出来ずにいると過食症などの摂食障害になってしまうこともあります。

 

そうならないためにも、ストレスによる食欲はなんとか抑えたいものですね。ストレスによる食欲を抑えるには、どのような方法があるのでしょうか。

 

そもそもストレスによる食欲は、脳内神経伝達物質である『セロトニン』の不足によって起こるとされています。

 

セロトニンは腸内で作られ、精神を安定させたり心のバランスを保つ、食欲をコントロールするなどの働きがあるのです。セロトニンの働きを活発にすると言われているココアを飲むなど、心がけてみましょう。

 

ココアを飲むと心が落ち着くと言われているのは、このセロトニンのためなのです。また、出来るだけストレスをためないように『ストレス解消方法』を見つけておくのも良いですね。ストレスで食べ過ぎてしまうのは、食べることでストレスを発散しているからなのです。

 

食べること以外でストレスを発散できるようにしましょう。また、1回1回の食事を丁寧にするようにしてみてください。盛り付けにこだわる、キレイな食器を揃えるなど、食事そのものを楽しむようにすると良いと思います。

 

バジルを使った料理は、食欲や消化器官の働きを調整してくれるのでおすすめですよ。

 

イライラが落ち着きますから、サラダやトマト料理などに使ってみてはいかがでしょうか?

 

次のページでは、食欲を抑えて痩せる人気のサプリランキングをご紹介します。